上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にやにやとなってしまう絵がある

人の顔はそういった意味で当てはまる
何ともいえない最高の表情をする人を見ると
笑みをやめられない

犬が飼い主に向かってする表情は可愛いけど
別に好きじゃない。でも小さな人間の子供の相手を
めんどくさそうにする老犬の表情はすごく良い顔してる

そんな美的感覚により、野川でライトアップされた夜桜を
見てみたら、植物にも表情があることあること。
あまり嬉しそうには見えなかったけど、too shiny in the dark
というかんじで、儚い美だったわぁ。昔、当時付き合ってた人に
こういう柄の浴衣を着させたなぁ。すごくセクシーな色合いだと思う。

でもなんとも、桜っていう木はいっくらがんばってもうまく撮れる
気がしない。非常に難解であり奥ゆかしい被写体だぁな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。